クレジットカード現金化と借り入れの違い

クレジットカード現金化は、しばしば借金と同じだと言われています。
これは利用したことがない人が言うことかもしれません。
■クレジットカード現金化について
クレジットカード現金化は、借金というよりも、どちらかといえば、買い物をして、キャッシュバックを受けるという意味合いの方が強いかもしれません。そのために普通に買い物をして、商品買取をしてもらって、そしてキャッシュバックを受けるのでお金がもらえるという形だと思ったほうがいいでしょう。審査も必要ありませんので、その点も、借入と違っています。また限度額も、借り入れの場合は審査で決まりますが、限度額は、あなたが今持っているクレジットカードのショッピング枠の残りの額の範囲内で利用することができるのです。
■借金ではない
今説明したようにショッピング枠現金化ですので、借金ではありません。急な出費があって現金が必要になり、消費者金融や闇金、街金などからお金を借り入れなければいけないという場合にも、メリットは大きいでしょう。金利はかかりませんし、手順もとても簡単なのです。ただ普通にネットで買い物をするような感覚で利用することが出来るのでこれまでのお金を借りるという行為とは全く違っているのです。
■違法ではないの?
借金をするにしても闇金、街金は違法です。出資法に違反して金利も高いですし、場合によっては弁護士に相談しなければいけないこともあるでしょう。その点銀行や郵便局での借入は安心ですが、そうではない場合は、借入する際も違法な行為をすることにもなりかねません。しかしショッピング枠現金化は違法ではありません。合法として取り扱われているので、出資法違反もしていませんから安心して利用することができるのです。
これまでにこのシステムを利用して逮捕された人などはいませんから、安心して利用することができますし、グレーゾーン金利でもないので安心です。借り入れとは全く違った方法で現金を手に入れます。

関連記事