クレジットカード現金化は業者を使ったほうがいい

クレジットカード現金化は、業者を使ったほうが断然いいでしょう。
その理由はバレにくさにあります。
■決算代行運営会社の仕組み
クレジットカード会社は通常現金化を目的とした利用は一切禁止としています。しかしクレジットカード現金化業者がクレジットカードの決済ができるというのは矛盾があります。クレジットカード運営会社が現金化をやめさせたいのであれば、現金化業者が決済をしないようにさせればいいのですが、それもできないことが現状のようです。クレジットカードの決済をする場合は加盟店にならなければいけません。現金化業者そのものは加盟店には入れません。ではなぜ可能なのでしょうか。それは決済代行運営会社というクレジットカードの決済をする会社を通せば、現金化業者でもクレジットカードの決済は可能となります。当たり前ですが、クレジットカード会社というのは、決済代行会社が現金化業者の決済について行っていることまでは知らないのです。だから現金化業者はクレジットカードでの決済を実現しているのです。
■しかしリスクはある
しかしリスクはあります。決済代行の会社が現金化業者に加担して決済しているということが万が一バレてしまった場合には、クレジットカード運営会社との取引は停止となります。もちろん利用停止処分ということになるのです。そうならないために、決済代行業者もしっかりと対策はしていますので、自力でショッピング枠現金化を行って、それによって利用停止になってしまうようなことがあるのなら、業者を通じて行った方がいいと言えるでしょう。
■自分より業者が安心
自力で行うよりは業者を利用したほうが利用停止の心配もありませんので安心です。還元率は自力で行うより業者が手数料を取りますので下がりますがそれでも安心感は高いでしょう。
もしこれからショッピング枠現金化を検討している人がいるのなら、自力よりクレジットカード現金化に依頼したほうが安心出来るでしょう。

関連記事