現金化のトラブルを回避する方法とは

クレジットカード現金化の業者の中には悪質な業者も存在します。そもそもがグレーゾーンの行為であることもあり、様々なトラブルが降りかかってくる恐れもあります。
では、それを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか。簡単に紹介しましょう。
■個人情報を守る意識
個人情報を悪用されるのはとても危険なことです。迷惑メールや電話くらいならば面倒臭いだけで済みますが、知らないうちにカードを不正利用されてしまうといった恐ろしい事態に陥ることもあります。
そもそも、現金化には審査など必要ないはずなので、何かと理由をつけて個人情報を聞き出そうとする業者には注意が必要でしょう。
■優良業者の見極め
悪質な業者とのトラブルを避けるには、やはり優良業者を見極めることが大事です。
見極め方は、過度に高い換金率をうたっていないか、振り込みの分割を提示してこないか、契約内容をメールで送ってきてくれるかどうか、といったポイントである程度は判断できます。
優良業者との取引ならば、クレジットカード現金化がクレジットカード会社に発覚してカードの利用停止や退会に追い込まれるリスクも少なくなります。
リスクを分かっていても、のっぴきならない事情でクレジットカード現金化を望むのでしたら、業者は慎重に選んだ方がいいでしょう。
■法改正などの動向
クレジットカードの現金化というものは、クレジットカードの不正利用でもあり、横領罪や詐欺罪に問われる可能性の高い行為です。
今のところはグレーゾーンのまま利用することが出来る環境ですが、いつ法改正されて取り締まられるか分かりません。
もしも、法律が変わってしまえば、利用した人も法を犯したとして逮捕される可能性があります。
今後の動向には注意しておくべきでしょう。
■現金化以外の方法も検討してみましょう
優良業者を見極めることができれば、トラブルも回避して安全かつ確実に現金化することが出来ますね。
しかし、行為そのものがグレーゾーンであり、いつ取り締まられるかも分からない状況でもあります。
まとまった現金が必要であるとしても、一度は現金化以外の方法も考えてみるといいかもしれません。

関連記事