悪質な業者とのトラブル

クレジットカード現金化に関しては多くの業者が存在しますが、それらは優良な業者と悪質な業者に大きく分かれます。
中でも、悪徳業者にまつわるトラブルは後を絶たない重大な問題でもあります。
それでは、悪質な業者とのトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。代表的なものを紹介します。
■実際の換金率が違った
クレジットカード現金化においてもっとも多いトラブルはこれです。
手数料や審査料と理由をつけて、表示されていた換金率よりもかなり低い割合にされてしまうというパターンです。
クレジットカード現金化を望む人の中には、とにかく現金化したいという思いもあり、騙されてしまうことが多いようで、そこにつけ込む悪質な業者がいるようです。
短時間で高い割合の換金率を強調している業者には、注意した方がいいかもしれませんね。
■キャンセル料を取られた
相場を知っている場合、換金率が低いと感じたら当然取引をやめますよね。しかし、そこでキャンセル料を払うように要求してくる悪質な業者も存在するようです。
本来は払う必要がないものなのですが、高圧的な態度を取られる事も多いため、怖くなって払ってしまう人もいるようです。
■現金が振り込まれなかった
また、取引したものの、実際には現金が振り込まれなかったという酷いケースもあるようです。
スピード重視をうたう業者で、カード決済を先にさせておいて、現金も振り込まずに音信不通になるそうです。
身元の分からない業者は怪しんだ方がいいですね。
■個人情報が流出した
初めから個人情報を入手して、悪用することを目的としているような業者も存在します。断られたとしても、問い合わせなどで得た個人情報を闇金などの業者に売ってしまうことで利益を得るそうです。
問い合わせる前に怪しい業者でないかどうかの注意も必要なようです。
■犯罪に巻き込まれる危険性も
その他にも、振り込め詐欺の被害や闇金に行くよう促されるなど、犯罪に巻き込まれるケースもあるようです。
少しでもおかしいと思った場合は、すぐに引き返しましょう。

関連記事