クレジットカード現金化とは何か

クレジットカード現金化という言葉を聞いたことはありますか。広告などでも度々目にすることが多くなってきて、一度は聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。しかし、いったいどのようにして現金化は行われるのでしょうか。
ここでは、クレジットカード現金化の簡単なご説明をします。
■クレジットカード現金化とは何か
クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠現金化のことです。
具体的に言えば、古物商の許可をとった業者が消費者にクレジットカードのショッピング枠で商品を購入させ、その購入代金よりも低い金額で買い取り、現金を渡すという行為のことです。
業者を介さずとも、自分でショッピング枠でブランド品やゲーム機、商品券を買ったあとに、中古屋や金券ショップに転売することで現金を得るということは、昔からよく行われていました。
最近では業者が手数料をもらって、利用者がより安全に現金化をできるようなサービスを行っています。
■ショッピング枠とキャッシング枠
そもそもクレジットカードにはキャッシング枠もありますよね。キャッシングを利用すればお金に困ったときには借りることも出来るはずです。しかし、キャッシングというものはクレジットカードのメインではありませんし、限度もあります。
キャッシング枠を使い果たしてしまったうえで、お金に困っているという場合にどうしたらいいのか。そこから、ショッピング枠現金化という行為は生まれました。
しかし、クレジットカード会社は、現金化を規制しようと心がけていますので、ショッピング枠を現金化利用していると発覚すれば、クレジットカードの利用停止になるリスクもあります。
クレジットカード現金化とは、法的にもグレーゾーンの行為でもあるのです。
■即日で現金が手に入る方法として
クレジットカードの現金化についての簡単な説明は以上です。即日で現金が手に入る方法としてショッピング枠現金化という方法をどうしても選びたいという人も、リスクがあることは心に留めておきましょう。

クレジットカード現金化のメリットとデメリットについて

クレジットカードのショッピング枠現金化をクレジットカード会社は出来る限り規制しようとしています。それでもクレジットカード現金化の業者が存在するわけは、それだけ需要があるからです。
では、ショッピング枠現金化がもたらすメリットとデメリットとはいったい何なのでしょうか。簡単に説明します。
■メリット
ショッピング枠現金化は、つまり借金をするということです。
しかし、買い物をし、すぐに転売をするという方法をたどっているので、信用情報機関に記録を残さずに借金が出来てしまいます。また、消費者金融に融資を申し込む際のような審査もいらないため、即日で現金が手に入るというメリットがあります。
面倒な手続きもなしに、時間もかからずに借金が出来るという特徴が、このサービスが求められている理由です。
また、ショッピング枠の利用状況によっては、キャッシング枠と比べて金利が低くなる場合もあり、そこもまた好まれているようです。
■デメリット
ショッピング枠現金化のデメリットとは、その違法性にあります。
クレジットカード会社はこの行為を認めているわけではなく、換金目的でのカード利用は利用規約によって禁じています。また、ショッピング枠現金化への排除運動として、クレジットカード会社はさまざまな対策を行っています。
もしも、ショッピング枠の現金化を行っていることが分かってしまったら、規約違反となりクレジットカードの利用停止や強制退会、残金の一括請求などの処分を受ける可能性もあります。
また、クレジットカード現金化をすすめる業者の中には悪徳業者も存在し、提供したカード番号や個人情報が悪用されてしまうなどといったトラブルも起こってしまう可能性があり、危険です。
■知識をつけておきましょう
クレジットカード現金化は美味しい話にも思えますが、グレーゾーンの行為であるが故のデメリットも存在します。
知らないままに利用してトラブルに巻き込まれると大変です。どんな仕組みで、どんな面があるのかを正しく理解することが大事ですね。

[PR]即日マネー.netで情報を大公開!クレジットカード現金化 違法かどうかについて掲載しています。